image

岡山県倉敷市の賃貸

倉敷市立美術館は、建築家・丹下健三氏が1960年に倉敷市庁舎として設計しました。

その後、1983年になってから旧市庁舎を再利用法し、新たに美術館として一般市民に利用されるようになりました。

倉敷市立美術館には、倉敷市出身の日本画家・池田遙邨(ようそん)の作品が充実しており、この他にも、倉敷ゆかりの作家達の作品を展示しています。

また昭和58年には、倉敷市立中央図書館や、倉敷市立自然史博物館も同時に開館した為、倉敷では、地元の文化施設中心地となっています。

ここでは、倉敷市立美術館のコレクションを紹介する他、特別展では大規模な展覧会なども開催しています。

また講演会やワークショップなども開催しており、美術教養講座では、講師を招いて講演会を開催しています。

美術実技講座も行われ、水彩画や日本画、石膏デッサン、石版画、銅版画などの技法指導も受けられます。

この他にも、生涯学習や社会教育の場として活用されています。

Design downloaded from free website templates.